育毛に関する情報が満載!

血流を良くして育毛促進する

薄毛対策として、さまざまな育毛グッズが販売されています。
育毛対策には、毛の毛母細胞を活性化させる必要があります。
そのためには、血液を毛乳頭にしっかりと送る働きが行われないといけません。
それは血液から栄養素が毛乳頭に送られるからです。
逆に言えば、血流が悪いと栄養素が毛乳頭に届かず、健康な髪が育ちにくいということです。
ですから、育毛を促すには、血行を良くするのが重要です。
血流を良くする対策としては、ストレスを溜めないことです。
ストレスは自律神経のバランスを崩し、血管を萎縮させてしまい、毛乳頭に栄養が届きにくくなります。
また、喫煙も血管が収縮するひとつの要因となります。
他にも適度な運動を行うことで、血行を改善できます。
バランスの摂れた食事をして栄養を体にしっかり取り込むことが基本ですが、血流が良くならなければ髪まで行き届きません。
ただ、その対策は難しいものではなく、日常生活の乱れを改善したり、生活習慣を見直すことで、薄毛改善につながる内容だといえます。

育毛と血流の関係とは

髪の毛が減っていると実感していませんか。
それは、頭皮環境がかなり悪化していることが原因です。
頭皮の毛穴に汚れが残っていたり、血流が滞っていると髪の毛に必要な栄養分がいきわたらなくなるので髪の毛が抜け落ちてしまいます。
育毛するなら、まずは頭皮を清潔に保ち、マッサージをしましょう。
頭皮の血流を改善することは、育毛の中でもとても大事なことだからです。
頭皮をこすったりして刺激を与えないように気をつけながら、頭皮マッサージをしてください。
指の腹を使って優しくマッサージしてみると、自分の頭皮が硬くなっていることがあります。
それを少しでも柔らかくしてください。
育毛剤には、頭皮の血流を改善するための成分が入っているくらいですから、それだけ頭皮環境を改善することが大事だということがわかります。
実際に、自分の頭皮を触ってみてください。
硬いようならば、毎日頭皮マッサージすることを日課にし、育毛剤もうまく使ってみてください。

最終更新日:2016/7/1

Copyright 2015 生えてくれ・・・ All Rights Reserved.